カタツムリのつもりもむりむり

頭の中身を置いていく場所 Twitter@yyk_kk

某えっち漫画社の(部署違い)Web担当者になった話〜中小企業のインハウスデザイナーから愛を込めて〜

この記事はねおりんアドベントカレンダー13日めの記事です。

某えっち漫画社の(部署違い)Web担当者になった話

 

 

 

自己紹介

ゆゆきです。Twitter。鍵垢にしていますが知り合いなら大体フォロー許可します。

昨日のアドベントカレンダーを書いていたヒロミツくんと一緒に暮らしています。寂雷と乱数ちゃんのねんどろは私の物です。

去年のアドベントカレンダーで切実に仕事を探していましたが無事今年2月末に転職決定しました。

Twitterでは会社の愚痴を言いまくっているので社会的配慮をしていますがブログでは良いことしか書きません! 弊社見てるか! 見るな!

ねおさんとは大学の先輩後輩の関係でした。ねおりん先輩。

 

前職の紹介

前職は卒業した大学にそのまま残り、3年間便利屋助手をやっていました。実質的には研究職では無いので名ばかり助手です。職務的には教務補佐が正しい。

 

現職の紹介

新卒でそのまま入職した助手業が3年契約の満期を迎えるにあたり、今年の4月に業界の中ではおそらく最大手の某えっち漫画出版社に入社しました。

某えっち漫画出版社と言うと聡い皆さんはぱっと3〜4社ぐらい思いつくでしょうが、えっち漫画の出版社で出版業以外のことをやっているのは弊社ぐらいしか無いのでちょっと調べればすぐわかると思います。ヒントは爬虫類です。

 

どんな仕事をやってるの?

webデザイナー兼webコーダー兼webディレクターみたいな、まあ中小企業に有りがちなwebなんでも屋をやっています。某えっち漫画読み放題サービスとは違います、あれは系列会社?みたいな感じで本社では業務を担っていません。

Webっぽい仕事をしているのは社内で私ともう一人いますが私はサブ事業のギャラリーでやるイベントの特設サイトなどをメインで担当しています。部署自体はデジタル配信の部署だけど。そっちの仕事はほとんどやったことない。

ちなみに会社のWebサイトを担当しているもう一人の先輩社員の方は社内SEみたいな感じで、Webデザインとかを専攻してやっていたのは私だけです。

 

今年やった仕事を総ざらいで書いてみると、

4月〜5月・ギャラリーのWebサイト自体のリニューアル(レスポンシブ対応していなかったからその辺含めてまるっと作り直し)

6月〜ほぼ月1、2・ギャラリーでやるイベントの特設サイト制作

その他系列?でやってるレストランのWebとか諸々

といった感じで毎月1、2個はWebコーディングやってる感じです。

 

こう書くと結構余裕がありそうですがデータが降りてきて公開まで2週間とかっていうスケジュール&デザインとコーディング以外にもWebサイトに使う画像とかの編集とかも自分一人でやることが多いのでめちゃくちゃ忙しい時と社内ニートと化す期間の差がヤバイ。

社内ニート期間では長期計画のタスクもあるのでそれをボチボチと進めています。

 

どんな会社?

エロ漫画出版社ってやっぱりエロ漫画みたいなこと起こるの? アザトメイキングみたいな感じなんでしょ? って聞かれがちですが、実際は全然違います。

 

1. 圧倒的男性比率

全社員合わせても女性は4分の1もいないぐらいなんじゃないかな?

 

2. 既婚者が多い

これは結婚するかしないかぐらいの年齢層の人がごっそりいないのもありますが(察して)、話をぼちぼち聞くところでは30代〜ぐらいの上司たちはほぼほぼ結婚していました。大学では50代ぐらいでも未婚の教授も多かったのでちょっと驚き。

雑談の中で普通に愛妻家エピソードだのお子さんのエピソードが飛び交っています。女遊びが派手な印象の人は一切いない。社名言われなきゃエロ漫画出版社で働いてるってわからんような見た目の人ばっかりです。

 

3. 会社の中でえっちな用語が飛び交う

これはマジ。ダンディーなおじさまも、優しい先輩女性社員も、子持ちのパパも、私と同い年〜ちょい下ぐらいの同僚も、普通におっぱいだの乳輪だの陰毛だの汁だの言ってる。とてもエロ漫画なんて読みそうも無い爽やかなお兄さんが電子書籍レーベルに卸している紹介文書いてる。私もギャラリーでえっちな漫画のイベントがある時はめちゃくちゃえっちな画像を見ている。

出版したエロ漫画も会社の本棚に置いてあるのでめちゃくちゃえっちな漫画がたくさん置いてあるし、貼ってあるポスターも大体アキバのメロブみたいな感じ。わからない人はわからないままでいてください。

一番感覚狂ってるな〜って思ったのはお洒落なランチを食べに行った時に同僚たちが作風と発売の時期の情報だけでエロ漫画家を当てていたことです。

 

入社して8ヶ月ほど経ってみての感想

PHPとSASSがちょっとだけ書けるようになった

入社の際にもWordPressで構築して欲しいって言われていたので入社してからぼちぼち勉強して、とりあえずオリジナルテンプレートでGutenberg対応のレスポンシブサイトを構築できるぐらいにはなりました▶︎space caiman

PHPってなんか苦手感があったけどjsよりかは仲良くなれそう。1ヶ月に1回ぐらいキレてるけど。最近はベタ打ちのHTMLで書いていた特設サイトもPHPでインクルード化したりしています▶︎寺田克也個展 特設サイト|space caiman

 

本当はもう少しスケジュールにゆとりがあるか私の手が早くなればアニメーションとかも付けたいのですがまあ当面の課題ということで。

今はPHP完全にわかった人の気持ちなので入社二年目になることにはきっとPHP全然わかんない人となっていることでしょう。

 

編集とかデザインに対しての見識が深まった

担当している仕事は一ミリも編集と関係無いですが、やっぱり同じフロアで仕事しているだけで色々と話している内容は小耳に入ってくるし出来上がったデザインとかも見る機会が前職に比べてダンチに多くなったので色々と勉強になります。

 

同僚とめちゃくちゃ話す

もはや転職する際の条件で「社内にオタクっぽい話ができる人がいること」で探していたレベルで同僚という存在に飢えていたので、自分とほぼ同い年の人とお昼ご飯を一緒に食べたりギャラリーの企画を考えるのに一緒に出かけたりしていて今めちゃくちゃ楽しいです!!! ソーシャルディスタンスには配慮しています。ていうか、大体今どのお店もランチぐらいだと窓全開だし窓開けられないとこはそもそもお喋り禁止だった。

同僚と仕事の愚痴を言い合ったりとか、趣味の話とかもするし、ちょっとしたことを同じ目線で話し合える存在ってほんと大切だなと身に染みています。同僚いなかったら続かなかったってぐらい同僚大好きです(見てるか)

あとやっぱりクリエイティブな人が多いのか同僚の半数は同人誌出してて残り半数もなんらかの創作活動していた。先輩たちもコミケ出現率が高いらしく、自分は最近はもうコミケも出ないけど出てる人曰く結構見つかるらしい。

 

エロ漫画読むようになった

入社面接時に好きなエロ漫画聞かれてLOって答えるぐらいには詳しくなかったのですが(弊社ごめん)、業務的にも必要なので色々と読むようになりました。でも最近一番好きな作家は甘露アメ先生です。ロリのコンなので弊社の雑誌はちょっと性的嗜好に合わない。

前はエロ漫画って一般紙漫画の下位的存在だと思っていましたが、そこにもちゃんと熱量があって大勢の人が関わってお客さんに届けて、それがまたちゃんと喜ばれているんだなぁと今はしみじみ思います。

今まで自分の同人も小説を書いてきましたが、ちょっと熱量に当てられたので次回は頑張って漫画を描いてみたいと10年ぶりぐらいに頑張って絵の練習をしています。小説にも小説の良さはあるけどね。ヒプメェで活動している間に漫画で一冊出してみたくなった。

 

大変なこともぼちぼち

これは100%自己都合ですが入社ちょっと前に江ノ島に引越しまして通勤時間が往復約4時間になりました。普通に家で活動する時間が短くてしんどい。ただ往復とも大体座れるのでちょっと前までは通勤中に同人小説の原稿やったりとか、最近は入社のちょっと前に買ったiPad Proでお絵描きをしながら電車に揺られています。趣味が創作活動とか読書とか動画とかなのでスマホタブレットあれば大体できる物だったのが救い。

かっちゃんの実家からシャトルシェフをもらったので時短料理を試したりとか、🍆が出るのでその金で食洗機など金で家事を殴る方面で頑張りたいです。

 

あとはまあ、どの会社にもね! 大変な人はいるのでね! 私のTwitterを見ている人は知っているだろうけど! ね! まあね! MD勢は某M教授を女にしてもうちょいスケジュール管理が雑な感じを思い浮かべてください。

とはいえ、新卒で入ったら絶対負けていたであろう相手でも3年間学畜としてハードな経験を積んできたお陰で、会議等でも自分と倍も年齢の違う相手にも物怖じせずに意見を言えるようにはなったので前職にも感謝してます。自分が要件何も知らないワークショップの監督として先生抜きで派遣されていた頃に比べればね……。

助手やって年上の先生方相手に色々会話していた経験がまさかこんなところでも活きてくるとは。

 

まとめ

大変なこともあるけど、とりあえずは楽しくやっています。

こんな世相で転職とかもわからんしとりあえず同僚が全員辞めるまでは続けたい…… 目標は前職の勤続3年を超えることです。まあWebデザイナーとかコーダーとかで勤続年数がどのぐらいの指標になるかと言う点もありますが。

とはいえやっぱりWebコーダーとしてのスキルを高める方向の人生も送ってみたいのでまあ手探りで生きています。本当は勉強会とかも行ってみたいんだけどこのご時世なかなかね。一方でぼちぼち働きつつ同人活動できる環境最高〜〜〜!!!と言う気持ちもある。

 

最後に私が最後に作ったえっち漫画展覧会の特設サイトで締めたいと思います。アザトメイキングは良いぞ!!!!

space-caiman.com

 

 

明日はJunk food /CoLeo.氏の「はと好き♡好き♡写真集」です。白抜きのハートって処女ビッチみたいなえっち感あるよね。黒塗りハートはギャルって感じ。